MENU

望月歯科
MOCHIZUKI DENTAL OFFICE

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-20-25 市川ビル2F TEL:03(5327)7301

ダイアグノデント ペンレーザー光を用いたデジタル虫歯診断機器
ダイアグノデント ペン

表面からでは判別しにくい初期の虫歯や歯と歯の境い目にある虫歯の深度を
レーザーの反射を利用して痛みもなくデジタル表示で診断することができます。

「歯質を残す」という考え方。「歯質を残す」という考え方。

歯質の状態を敏感に検知する、2つのアプローチ

隣接面に隣接面に

カリエスの好発部位である、隣接面の発見しにくい
カリエスが検出できます。

隣接面のカリエスは視診、プローブによる診断では発見しにくい部位です 所見:C2

X線写真による標準的な診断です 所見:C2/C3

ダイアグノデントペンで測定すると、高い値を示しました。X線写真では識別しにくい象牙質内にあるカリエスを検知しています

組織学的診断でもう蝕を確認できました 所見:C3

小窩裂溝に小窩裂溝に

カリエスの好発部位である、隣接面の発見しにくい
カリエスが検十できますに。

視診でわずかに変色部が認知されました

X線写真では、明確な病変は認知されませんでした

ダイアグノデント ペンでは象牙質カリエスを検出しました

形成によってもカリエスを確認しました

「視診」と「X線画像」と「ダイアグノ ペン」で、より確かな診断を。「視診」と「X線画像」と「ダイアグノ ペン」で、より確かな診断を。

より正確にカリエスを診断

カリエス検出率90%の高い確率でカリエスを発見することができます。この診断結果に基づき、健常歯を保持する適切な治療計画を立てることが可能です。

レーザー光で検知

歯質にダメージを与えない診査方法

サファイア製のプローブをセットし、レーザーにより歯質の状態を解析するため、 探針の触診時に起こりがちな歯質へのダメージを与える心配なく診査できます。

探針による触診では、しずく形状のう高を見つけるのが困難です。

ダイアグノデントペンとレントゲンの組み合わせで、 より正確に虫歯の診断ができるようになります。

[Dr.望月のコラム]  「歯周病」について  「歯周病」の治療  歯周治療の現在、そして未来  矯正は歯にとっても安全な治療法!  歯の美白って何?  インプラントはこわくない!  親知らずはなぜ抜くの?  歯の治療は怖いですか?~私が考える無痛治療~
矯正歯科審美歯科歯科予防インプラント無痛虫歯治療医院案内
オンライン予約お問い合わせ望月歯科トップページ